大相撲の横綱・白鵬(34=宮城野部屋)が初場所4日目の15日、休場した。白鵬の休場は昨年9月の秋場所を途中休場して以来2場所ぶり14度目。4日目の対戦相手・北勝富士(27=八角部屋)は不戦勝となる。

 今場所の白鵬はここまで1勝2敗と黒星が先行。初日こそ新小結・大栄翔(26=追手風部屋)を寄り切って白星を飾ったが、2日目は遠藤(29=追手風部屋)に切り返しで敗れ、3日目は妙義龍(33=境川部屋)の突き落としに屈し、2日連続で金星を配給していた。

 白鵬の2日連続の金星配給は18年初場所の3日目に北勝富士、4日目に嘉風に敗れて以来、2年ぶり2度目。横綱昇進後に序盤で2敗したのは4度目。過去3度はいずれも2敗目を喫した翌日に休場していた。