13日にマレーシアで交通事故に遭い負傷したバドミントン男子シングルス世界ランキング1位の桃田賢斗(25・NTT東日本)が15日夕方、マレーシアから帰国した。

 成田空港に到着した桃田は、黒い帽子をかぶり、薄い青色のサングラスとマスク姿だった。眉間には傷が残っていた。空港内では出迎えた報道陣やファンの前を無言で歩いて移動。関係者と握手を交わしてから、出口へ向かった。

 現地では顔面3カ所の裂傷、全身打撲の最終診断を受けており、国内で再度検査を受ける予定となっている。