J1神戸との契約が今月で満了となる元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(34)がマレーシアに移籍する可能性が浮上した。

 マレーシア・スーパーリーグの昨季王者ジョホール・ダルル・タクジム(JDT)は15日、クラブの公式フェイスブックに、ポドルスキが現地入りしてクラブの本拠スタジアムや練習場など訪問したほか、オーナーらと会談する写真を多数投稿した。

 クラブは詳細を明らかにしていないが、地元メディアによると、ポドルスキがJDT入りに興味を示してコンタクトを取ってきたという。クラブ首脳はポドルスキと交渉を行うことは認めたものの、外国人枠が既に埋まっていることなどをネックに挙げた。

 JDTはマレーシア・スーパーリーグで6連覇を果たしている強豪で、今年のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は神戸と同じ1次リーグG組に入っている。