ロッテのドラフト1位・佐々木朗(大船渡)が目指すは「神対応」だ。新人合同自主トレの前に実施している講習で、球団が熱心に取り組むファンサービスについて学び「球団も選手もファンがいて成り立っていると改めて確認できた。ファンサービスを大切に、より一層楽しんでもらえるようにやりたい」と力を込めた。

 講習では球界を代表する投手となってもファンへの「神対応」を続けるDeNA・山崎のファンサービスの模様などを学習。一方で「塩対応」の選手の例もあったという。佐々木朗は「時間がある時に積極的にやっていけたら」と、この先もサインや握手などでファンに感謝の思いを伝え続けるつもりだ。

 この日は雨天でZOZOマリン室内で練習。「疲れはだいぶたまっている」と言いながら元気にメニューを消化していた。