菜七子とのコンビで挑むカレンシリエージョ(牝5=鈴木孝)はCWコースで6F82秒0〜1F11秒9と上々の動きを披露した。近況不振に加えて格上挑戦で人気薄必至だが、小倉は2戦2勝。鈴木孝師は「愛知杯が小倉と分かった時から使おうと思っていました。1800メートルがベストだけど、小倉開幕週なら2000メートルでも…と思っています。ジョッキー(藤田)は前走でもうまく乗ってくれていた。49キロだし、重賞でも楽しみですよ」と一発を狙っている。