青と赤が“復縁”する。18年5月の悪質タックル騒動で定期戦を中止していた学生アメリカンフットボールの関学大―日大が2年ぶりに復活することが15日、分かった。5月30日に神戸市の王子スタジアムで開催される予定で、宿命のライバル関係がよみがえる。

 第51回の定期戦だった2年前、日大の選手がプレーの終了した関学大QBの背後から不正なタックル。大ケガを負わせ、日本中を巻き込む大騒動に発展した。指導責任を問われた日大・内田正人監督(当時)ら首脳陣は一掃され、チームは公式戦出場停止処分を受けた。だが、関学大サイドは昨年2月に「(日大戦では)安全性が保証できない」と定期戦の打ち切りを宣言していた。

 その後、日大は橋詰功ヘッドコーチが就任し、体制を一新。昨季の関東大学リーグでは自動降格したBIG8からTOP8(1部上位校)への昇格も決めた。関学大はチームの正常化が実現したと判断。復活の運びとなった。

 関係者は「試合はするけど、定期戦という形になるかはまだ分からない」としたが、甲子園ボウルの歴史を彩ってきた両雄の関係が回復する一歩になるのは間違いない。なお、退任した関学大の鳥内秀晃監督の後任は22日に発表される。

 ◆日大アメフト問題 18年5月6日に都内で日大と関学大の定期戦が行われ、日大のディフェンス選手が関学大QBを負傷させる危険なタックルをした問題。その後負傷させた選手が会見を開き、当時の監督とコーチの指示に従ったと説明するなどし、社会問題に発展した。日大はその年の公式試合で出場資格停止を受け、「TOP8」から、1部下位校による「BIG8」に降格となった。