男子マラソン日本記録保持者の大迫傑(28=ナイキ)が16日、自身のツイッターを更新。自身も履いているナイキ製の厚底シューズが、世界陸連の新規則によって禁止される可能性が出てきたことについて言及した。

 陸上長距離で最近数シーズン、好記録を連発しているナイキ製の厚底シューズが世界陸連の新規則によって禁止されることになると15日、複数の英紙が一斉に報道。世界陸連はソールの厚さを制限する方向だといい、大迫が履いている「ズームXヴェイパーフライネクスト%」が規制対象になる。

 大迫は「ヴェイパーどうのこうの記事に疲れている人多いはず。どっちでも良いからさっさと決めてくれーい!」と騒動の早期決着を希望。「僕ら選手はあるものを最大限生かして走るだけ!それだけ!」と強調した。