J3沼津は16日、元日本代表MF伊東輝悦(45)と2020年シーズンの契約を更新したと発表した。

 J1の清水で長く活躍し、日本が28年ぶりの出場を果たした1996年のアトランタ五輪ブラジル戦で決勝ゴールを決めたことでも知られる伊東。

 2017年に加入した沼津では2年連続リーグ戦出場がなかったが、2019年11月24日の明治安田生命J3リーグ第32節・鳥取戦(愛鷹)で途中出場して9分間プレーし、3年4カ月ぶりのリーグ戦出場。元日本代表GK川口能活(相模原)が2018年にマークした43歳3カ月17日のJ3最年長出場記録を45歳2カ月24日へと大幅に更新していた。

 伊東はクラブを通じてコメントを発表。「今シーズンも全力でプレーしたいと思います!アスルクラロ沼津の応援よろしくお願いします!」と1993年のプロ入りから28年目のシーズンに意気込んだ。