DeNAは16日、運営する多機能施設「THE BAYS(ザ・ベイス)」2階の会員制シェアオフィス&コワーキングスペース「CREATIVE SPORTS LAB(以下CSL)」と、各界の第一線で活躍するリーダーを多く輩出するグロービス経営大学院が、ベイスターズの事業をはじめ、スポーツビジネス等の事例を用いて、ビジネスの現場で活きる経営学の基礎知識・スキルを学ぶ共催イベントを開始すると発表した。

 グロービス経営大学院との共催イベントは初めての取り組みとなる。

 CSLは、次のスポーツ産業を生み出すことを目的に、Sports×Creativeをテーマに企業やクリエイター、エンジニア、行政、大学など、さまざまな人、組織、情報が集まり交流する拠点になることを目指している。2020年5月に横浜・特設キャンパスが常設化されるグロービス経営大学院と連携し、ここでしか体験できない新しい学びと交流の場を提供するため、共催イベントを開催するに至った。共催イベントでは、グロービスの教員等を講師に招き、ベイスターズやスポーツビジネスを事例にしながら、ビジネスの現場で活きる経営の学びを提供する。

 2月7日に開催する初回のイベントでは、新しいものを生み出すための方法論として、多くの企業やビジネスパーソンが注目している「デザイン思考」を取り扱う。料金は税込み3000円。ワンドリンク込みで、CSL会員は無料。講師は難波美帆さん。午後7時から9時までの開催が予定されている。