清水がG1初制覇――。今年初のG1「第35回全日本選抜競輪」の決勝戦は11日、豊橋競輪場で行われた。レースは松浦悠士の逃げに乗った清水裕友(25=山口・105期)が優勝。賞金3040万円と「グランプリ2020」(12月30日=平塚競輪場)の一番切符を獲得した。山口県登録の選手の特別競輪制覇は1957年の西村亀(期前)以来2人目。なお2着は平原康多で2車単<9><5>1070円(3番人気)の決着だった。

 新時代の競輪界を引っ張る中四国のエース清水が、G17度目の決勝戦で悲願の初Vを達成した。打鐘すぎに三谷が切ったところを松浦がすかさず叩いて最終主導権。バックからまくった山田に合わせて清水が番手まくりを敢行。ゴール前で強襲した平原の猛追を振り切ってVゴールを駆け抜けた。

 「バックで誰かが来たのは分かった。ただ、ホントに余裕がなかった。ゴールした時も平原さんに食われたと思った」

 盟友・松浦の仕掛けに乗ってV劇。競輪界屈指の実力者たちの猛攻に必死に応戦した。自慢の脚力と、何よりも松浦の頑張りに応えて、気持ちでもぎ取った優勝だ。昨年は初のS班としてG1に全部出場を果たし、4度の優出もタイトルには届かず。歯がゆい思いをしたが、ようやく栄冠を手にした。

 「とてもうれしいけど、あまり実感がない。オッズ見たら自分から売れていたので、周りの期待に応えたかった」。1番人気のプレッシャーは計り知れないが、ファンの声援をパワーに変えての優勝。この1年間で心身ともに成長した成果が大一番で発揮された。

 「G1を2節続けて中国地区で獲れたのは凄くいいこと。今後はタイトルホルダーとして頑張る。家族を含めていろんな人がサポートしてくれた。その人たちのためにも頑張りたい」。早くもタイトルホルダーとしての風格が漂う。関係者や仲間のサポートを胸に、今後もさらなる進化を遂げて競輪界をけん引していく。

 ◆清水 裕友(しみず・ひろと)1994年(平6)11月9日生まれ、山口県出身の25歳。105期。プロデビューは14年7月武雄(1(1)<1>)。通算成績は429走、154勝。優勝は22回(G3・4V、特別競輪1V)。G1は7回目の決勝進出で初優勝。1メートル66、78キロ、血液型A。