◇野村克也氏死去

 ▼広澤克実氏(スポニチ本紙評論家)1月に会ったのが最後。グチも健在でお元気そうで「監督、長生きしてくださいね」と別れたのに…。私が若い頃に結果が出なくて苦しんでいたら「絶対におまえを4番から外さないから」と言われて、我慢して起用してくれた。私にとっての大恩人。無死二塁で自分の判断で送りバントを決めたら、「バントをさせるためにおまえを4番に置いてるんじゃない。士気に影響するわ」と怒られたのは、いい思い出です。

 ▼ヤクルト・池山隆寛2軍監督 いい思い出しかない。後輩たちも野球で成長していって、ほとんどがコーチ、監督になっていることから、野村さんの野球は間違えていなかったと節々に感じている。

 ▼西武・辻監督 自分は96年に野村監督のヤクルトに拾ってもらい現役生活が3、4年延びた。監督ミーティングで毎日メモをノート4枚分取り、必死にやっていた。勉強させてもらった。

 ▼ロッテ・吉井投手コーチ 近鉄からヤクルトへトレードになった時、それほど活躍していなかったのに一人前に扱ってもらい、大事に使ってもらった。言葉とは裏腹に選手を大事にしていたことを、コーチになってから気づいた。凄く尊敬する方。ゆっくりと休んでほしい。

 ▼楽天・伊藤智仁投手チーフコーチ ドラフトでクジを引いてもらって以降、ずっとお世話になりました。褒めてもらったのは一度だけ。1年目の中日戦(93年5月4日)で、9回まで1失点、勝利投手にはなれなかったけど“このままやっていけばこの世界でやっていける”と。それ以降は褒めてもらったことありません。

 ▼内藤尚行氏 “野球は頭だぞ”と教えてくれた監督。本当に教科書みたいだった。まだまだ監督であり、先生であってほしかった。

 ▼宮本慎也氏 今こうして野球に携わっていること自体が野村監督のおかげ。ヤクルトの監督を辞めることになって残り数試合という時に僕が本塁打を打ったが「勘違いするなよ」と言われ最後まで褒められなかった。本当は優しい方だが、こと野球に関しては厳しかった。

 ▼日本ハム・荒木2軍監督兼投手コーチ(野村監督の下で92年にカムバック賞)よく怒られたし、褒められたことがない。見返したい一心だった。それがもう野村さんの術中にはまっていたということ。