◇2軍練習試合 阪神5―0JR四国(2020年2月11日 安芸)

 「下克上」デビューだ。阪神の育成ドラフト1位・小野寺(大商大)が11日、JR四国との練習試合(安芸)で「1番・中堅」で実戦デビュー。タイムリーを含む2安打1打点、1盗塁で結果を残した。

 「ヒットも打てて盗塁もできて。チャンスでも打てたのでいいスタートになったかなと思います」

 2打席目に投前内野安打で出塁し「初安打」を記録すると、直後の打者・荒木の打席でディレード気味にスタート。捕手の送球が遅れたこともあり二盗を成功させた。続く4回には二塁に走者を置きカウント2―2から甘く入った直球を中前にはじき返す「プロ初適時打」で「プロ初打点」も記録した。

 ただ、小野寺自身が自画自賛したのは初回、先頭で奪った四球だった。「(2軍で)今年初のバッターということもあって、1打席目を一番重要視していた。フルカウントから四球を選べたのが今日の試合で一番いい点」。2ボール2ストライクからしっかりボールを見極められたところにキャンプでの成長が表れた。

 「このまま1番で出られるように頑張ります」。原口のように“どこからでもはい上がれる精神をみせたい”と息巻く男が、支配下登録への道を走り続ける。(阪井 日向)