◇オリックス紅白戦 紅組4―3白組(2020年2月11日 SOKKEN)

 オリックスに新加入したロドリゲスが11日、紅白戦で実戦デビュー。2打数無安打も特大ファウルを放ち能力の高さの一端を示した。初回2死、山田の143キロ直球を強振した打球は左翼ポールの左を通過したが飛距離は十分。最後は空振り三振に倒れたものの、場内をどよめかせた。

 「中に入ってくれたらよかったけどね。最初のゲームだし投手の球を見られたことや感覚を確かめられたよ」

 首脳陣は一塁かDHでの起用を想定しているが、この日は助っ人自身が志願し三塁の守備に就いた。唯一の守備機会だった3回の松井雅の三塁線の打球は捕球できず、ベースに当たって内野安打となったが「今度はとれたらいいね」と再挑戦にも意欲を示した。12日の紅白戦にも出場予定で、西村監督も「打球が飛んでくれたらと思っていましたけどね。まあ次です」と心配していなかった。