元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(24=白井・具志堅)が12日、都内で1年10カ月ぶりとなる復帰戦の前日計量に臨み、契約体重119ポンド(約53.9キロ)を100グラム下回る53.8キロで一発クリアした。比嘉は13日に東京・後楽園ホールで行われる8回戦でジェイソン・ブエナオブラ(フィリピン)と対戦する。

 比嘉は18年4月、3度目の防衛戦の前日計量で体重を超過して王座剥奪。JBCから無期限ライセンス停止処分を科され、昨年10月に解除された。無事に計量をクリアし、「何とも思わないですけど、記者さんたちはオーバーを期待している感じなのかな」と苦笑い。「まあ、減量はうまくいきました。約2年ぶりの減量だったし、最後はキツいなと思いましたけど」と安堵(あんど)の表情を浮かべ、「2年間支えてくれた仲間がいるので、その人たちのためだけに頑張りたい」と誓った。