土曜東京メイン「第55回クイーンC」の主役ホウオウピースフル(大竹)はWコース併せ馬で4F52秒6〜1F12秒4。道中2馬身先行し、エリティエール(6歳3勝クラス)と余力十分に併入した。大竹師は「順調にきてますね。動きも良かった」と合格点だ。

 同じ大竹厩舎の18年有馬記念優勝馬ブラストワンピースを半兄に持つ良血は、期待に応えるようにデビュー2連勝。師は「気性的にはマイルも良さそう。ポテンシャルは高いので、重賞の多頭数をこなしてくれれば」と熱い期待を寄せた。