ヤクルトの高津臣吾監督(51)が12日にキャンプ地の沖縄から帰京し、元監督で11日に虚血性心不全で死去した野村克也氏(享年84)の都内の自宅を弔問した。就任後初の実戦となった韓国・サムスンとの練習試合の指揮を執らずに恩師の元へ駆けつけ、感謝の思いを伝えた。ヤクルトOBの侍ジャパン・稲葉篤紀監督(47)も駆けつけ、東京五輪での金メダル獲得を誓った。

 少しでも早く、最後のお別れを言いたかった。高津監督にとって、野村氏は野球人生における最大の恩師。初めて指揮を執る練習試合があっても、キャンプ地を離れた。感謝の思いからだった。

 「(初陣よりも)こっちの方が大事だった」。そして晴れやかな表情を浮かべた。「昨日、散々泣いたからね。しっかり顔を見て、お別れができました」

 野村氏は居間でヤクルトのホームユニホームを着て安らかに眠っていた。高津監督の脳裏には指揮を執った当時の姿が浮かんだ。「何回も見た姿だけど、改めて見て凄い似合っていた」。懐かしみ、うれしそうだった。野村氏にはこう誓った。

 「必ず(天国で)見てくれていると思うので、恥ずかしくない戦いをします。野村監督の野球を継承します」。データを重視し、頭脳を駆使するID野球。それだけではない。固定観念にとらわれない選手起用。横手投げの変則右腕にもかかわらず、抑えに抜てきされた高津監督自身が誰よりも理解している。

 午前9時からの練習を見守り、11時30分すぎに球場を後にした。試合を控える選手には「開幕まで(オープン戦などの実戦は)20試合しかない。試合勘を取り戻していってほしい」と伝え、空路帰京した。韓国・サムスンに10―5で勝利した一報は移動中に知らされた。「今日だけじゃなくこれからもいい戦いをしたい」と3月20日の開幕を見据えた。

 侍ジャパンの稲葉監督も視察していたキャンプ地の宮崎から戻り、弔問した。「感謝の気持ちしかありません。ありがとうございましたと言いました」。野村氏の前で誓ったのは、今夏の東京五輪で金メダルを獲得すること。「オリンピックを(天国から)見守ってください」。墓前には金メダルを持参し、最高の報告をする。

 高津、稲葉両監督だけではない。前監督の小川淳司GMや飯田哲也氏ら愛弟子たちが続々と駆けつけた。5年ぶりに古巣に復帰した池山2軍監督は「選手で9年、コーチで4年、一緒にやれて幸せでした」と感謝した。「ヤクルトに戻ってきたのに…。非常に残念」と言って涙が止まらなくなった。「野村チルドレン」はそれぞれの思いを胸に秘め、名将の遺志を継ぐ。 (飯塚 荒太)

 ▼飯田哲也氏(ヤクルトOB。弔問して野村氏の顔を見届け)今にも怒られそうでした。キャッチャーだった僕をいろんなポジションで使っていただき、それに応えようとしてここまでできました。感謝の気持ちでいっぱいです。

 ▼荒井幸雄氏(ヤクルトOB。飯田氏とともに弔問し)現役を辞めてもコーチをできたから、(野村野球を)伝えられるし、本当に感謝です。