AJC杯2着から参戦のステイフーリッシュは岩田康を背に坂路併せ馬で力強く駆け上がった。矢作師は「先週しっかり動いている。今週も馬なりで速い時計が出ました。変わりなく順調にきてます」と満足げ。2200メートルは【1・2・0・0】。「一番実績のある距離ですからね。逃げる馬がいなかったら、ハナでもいい。今回は積極的な競馬をするつもりです」とイメージチェンジを示唆した。