京成杯4着ビターエンダーは新コンビのミナリクが騎乗してWコースで5F66秒9〜1F12秒4。余力を残す形で、先輩エメラルファイト(4歳オープン)に半馬身遅れで続いた。

 ミナリクは「いい感じ。リラックスして、乗りやすい。オルフェーヴルの子は気性が勝っている印象だけど、この馬は性格がプロフェッショナル」と好感触。未勝利戦Vの東京に戻って、好勝負濃厚だ。