大リーグ機構は12日、今季からのルール変更を発表し、投打の「二刀流選手登録」を新設した。

 前年かその年に20イニング以上を投げ、野手での20試合以上の先発出場(1試合3打席以上)が条件。今季に限り一昨年の成績も適用されるため、18年に51回2/3を投げ、打者で82試合に先発出場したエンゼルス・大谷は満たした。

 また、出場選手登録は25人から26人に拡大し、9月1日以降は従来の40人までから28人に縮小。投手は8月いっぱいまで最大13人、9月1日以降は14人に限られるが、二刀流選手は制限を受けないため、これも大谷には追い風となる。