日本協会は13日、都内で理事会を開催し、約50人に増えた海外組のサポートを目的にJFA欧州拠点を設置することを決定した。

 駐在員を置き、主に選手の状態把握や管理、ケアなども行うという。4月以降に事務所を開設する予定で、関塚技術委員長は「オランダ、ベルギー、ドイツあたりで考えている」と話した。