「火災ゼロで突ッパ!」だ。

 千葉市消防局が「春の火災予防運動(3月1日〜7日)」を前に展開する火災予防運動ポスターに、ロッテ・益田直也投手が起用された。千葉市内の町内自治会、公共施設及び事業所など焼く3700箇所に掲示される。

 千葉市消防局は「火災の発生しやすい時期を迎えるに当たり、家庭や職場・地域の防火意識の高揚を図り、尊い命と貴重な財産の損失を防止することを目的とし、火災予防の更なる注意喚起を促すため、ホームチームであり市民の皆様に身近な千葉ロッテマリーンズの新選手会長・益田直也選手を起用させていただきました」とコメント。

 益田は「このポスターを見ていただき、火災予防に対する意識が高まることを願っています。初めてポスターに起用された2013年には、セーブ王のタイトルを取っているので、今年も精一杯頑張ります」と話した。