DeNAは14日、戦略的パートナーシップを締結するキャンベラ・キャバルリー(オーストラリアン・ベースボールリーグ)に派遣された、阪口皓亮投手、大貫晋一投手、今永昇太投手、平田真吾投手、三上朋也投手、国吉佑樹投手、笠井崇正投手の7選手が、豪州で発生した森林火災からの復興に役立てていただくため、義援金を送ったと発表した。

 7選手とDeNA球団合わせて250万円を、キャンベラ周辺地域の消防活動を管理する地方自治体(Queanbeyan−Palerang Regional Council)に寄付。また、キャンベラ・キャバルリーからも同自治体に義援金が送られ、被災された地域における災害援助及び復興に役立てられる。