スーパーラグビーのサンウルブズは、開幕2連勝を狙う15日のチーフス戦(秩父宮)に向け、会場で前日練習を行い、初先発のSH斎藤直人(早大)が「特別なことをすると空回りする。いつも通りやりたい」と意気込んだ。将来の日本代表の呼び声高い22歳。開幕戦は途中出場で得意のロングパスやタックルで勝利に貢献した。初先発に本人は「緊張すると思う」と話したが、過去に世代別代表で斎藤を指導した沢木敬介コーチは「一流になるには絶対超えないといけない」とハッパ。優勝候補に挙げられる強豪相手に、絶好の力試しの場となる。

 前日には同僚で早大の先輩でもあるフランカー布巻(パナソニック)に連れられ、気合の短髪に。「フィジカルは戦えなくはない」と開幕戦でつかんだ自信を胸にピッチに立つ。