京都6Rの新馬戦(ダート1400メートル)は、3番人気ヴァルキュリア(牝3=大久保、父タピット)が、直線鋭く伸びて差し切った。

 荻野琢は「ゲートは遅かったけど道中も余裕はありましたし、ホントに動きのいい馬ですね」と笑顔。大久保師は「芝のスタートで遅れたが、ダートに入ってからはスッといけた。今後もダートの短い距離の方がいいかな。(次走は)成長をみながらですね」と見通しを語った。