浦和は16日、ルヴァン杯仙台戦(埼スタ)を迎える。MF汰木康也(24)にとって今季から仙台を率いる敵将の木山隆之監督(47)はJ2山形時代に指導を受けた恩師の1人。15日の非公開練習後「本当にお世話になった監督。シンプルに成長した姿を見せたい」と意気込んだ。

 昨季までの3バック布陣から4―4―2に変更となった新システムも好材料だ。沖縄キャンプから左MFに入る汰木は「自分の本職でできる。SBとも去年以上に特徴を引き出し合うことができてます。攻撃の勢いは何倍も出せると思う」と手応えを口にした。

 足に吸い付くような華麗なドリブルは今季も健在。「(木山監督は)相手のストロングポイントを消す対策はしてくると思います。でも自分たちのやることは変わらない。キャンプでやって来た強みを出すだけです」。特別な思いを持って臨む今季最初の公式戦。左サイドから果敢にゴールに迫る。