ロッテの二木康太投手(24)が15日、今季初実戦で2回を完全投球と開幕投手へアピールした。練習試合・中日戦に先発し打者6人で2三振を奪い、1人の走者も許さなかった。「久しぶりの試合でしたし、打撃投手を一回だけやっての今日だったので正直ちょっと不安があった。無事に投げ終わって良かったですし、結果的に三者凡退を2イニング続けられたというのはよかった」と胸をなで下ろした。

 今季から背番号が「18」に変更。球威もあり、好発進を切ったが「良い球も何球かあったんですけど、まだばらつきがあった。良い球の確率をもっと上げていかないといけない」と課題を口にした。