欧州サッカー連盟(UEFA)は14日、昨季までイングランド・プレミアリーグで2連覇を果たしたマンチェスター・シティーが財務規則「ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)」に違反していたとして、2020〜21年と2021〜22年に欧州チャンピオンズリーグ(CL)などのUEFA主催大会への出場を禁止する処分を発表した。また3000万ユーロ(約36億円)の罰金も科した。

 UEFAによると、マンチェスターCは2012〜16年にクラブオーナーと関連する企業からのスポンサー収入を過大に計上。また、UEFAの調査にも非協力的だったことも厳しい処分につながったという。

 マンチェスターCは同日、クラブ公式サイトで「今回の事案は、UEFAが(調査を)開始し、UEFAが起訴し、UEFAが判決を下したもの。我々は公平な判断を求める」と反発し、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴する意向を発表した。

 英メディアは、プレミアリーグも財務規定違反で既にマンチェスターCに対する調査を行っていると報道。デーリー・スター紙は専門家の見方として、違反が確定すれば勝ち点はく奪の処分が科される可能性が高く、最悪の場合は4部への降格処分の可能性もあると報じた。