広島のドラフト5位・石原貴規捕手(22=天理大)が、練習試合の阪神戦(かりゆしホテルズボールパーク宜野座)にスタメン出場し、見事なアピールに成功した。

 2回に横山から左翼線二塁打を放つと、4回にも中田から中前打と2安打。さらに見せ場は5回の守備だ。2死一、三塁で、昨季セ・リーグ盗塁王に輝いた近本の二盗を阻止する強肩を披露。「近本さんを刺せたのは良いアピールになったと思う。場面も場面だったので走ってくると思った。自己採点は80点ぐらい」と喜んだ。

 捕手としての嗅覚も十分だった。先発アドゥワの「チェンジアップの落ちが良くなかった」と感じてスライダー主体に変更するなど、投手とのコミュニケーション能力も上々。6回の無死一塁では初球で犠打を成功させるなど、目立たない活躍も光った。

 佐々岡監督は「送球も良かった。良い打撃もできていたし、結果を出したことは自信にしてほしい」と賛辞を贈ったほど。チームの開幕1軍枠は正捕手の会沢が君臨し、ベテランの石原慶や磯村が控え、さらに坂倉、中村奨も狙う超激戦区だが、ルーキーも名乗りを上げた。