J1清水と清水桜が丘高(静岡市清水区)が連携して、東日本大震災の被災地支援を行う。このほど同高が被災地研修を行うなど交流のある宮城県南三陸町の教育機関などへサッカーボール58個を寄贈すると発表した。

 清水と清水桜が丘高は15年から双方の発展を目的にクラブスタッフの講師派遣や、スタジアムグルメの考案などを通じて交流。今回は昨年12月の「清水文化桜フェスティバル」で販売した「清水桜が丘高×清水エスパルス」コラボグッズの売り上げの一部を使用して南三陸町の幼稚園や小、中学校などにボールを贈る。