日本水連は20日、都内で臨時の常務理事会を開催した。日程を短縮して無観客で実施する競泳の日本選手権(4月2〜7日・東京アクアティクスセンター)の新型コロナウイルスへの対応について協議。大会期間中に陽性者が出た場合は中止、警備員による入館前の検温で37.5度以上の場合は入館を認めないことなどを確認した。

 選手を含む全入館者に健康チェック表の携帯を義務づけ、入館2日前からの検温結果、宿泊先や緊急連絡先も記載させる。入館者が発熱した場合は隔離室に待機させ、速やかに救急車で搬送することも決めた。大会は東京五輪代表選考会を兼ね、坂本要専務理事は「途中で中止になっても、終わったレースの記録は残すことになると思う」と説明。エントリー選手は622人で、コーチやトレーナーらを合わせると1200人超規模のイベントとなる。