◇練習試合 日本ハム7―4西武(2020年3月21日 メットライフD)

 日本ハム・西村が「由伸流」で先発争いに名乗りを上げた。開幕が延期されたことでこの日、先発テスト。自己最長の3回を4安打1失点でまとめた。「際どいところを攻め過ぎてテンポが悪くなった」と反省しつつ「次につなげたい」と先発の座に意欲を示した。

 初回に先制点を許したが、なお1死満塁から中村、栗山を空振り三振、二ゴロに抑えて最少失点で切り抜けた。2回以降は無失点で、栗山監督も「点は取られたけど良くなっていった」と修正力を評価。厚沢ベンチ兼投手コーチは「先発争いの一角に入れる」と、27日からのロッテ3連戦(ZOZOマリン)で再度先発機会を与えることを明言した。

 栗山監督は「球が強い」と評価する西村と、オリックス・山本の姿をだぶらせる。「山本由伸は短いイニングのイメージがあったけど、先発しても1試合いける。もう一度、先入観をなくす」。山本も3年目の先発転向で飛躍。過去2年救援を務めた西村にも、その可能性を探る。昨季は先発不足からショートスターターやオープナーを駆使した指揮官は「去年のこともあるから、先発の枚数を増やしておかなければいけない」と説明した。

 先発6人はほぼ確定しているものの、ロドリゲスとバーヘイゲンは外国人枠の関係で、起用法が流動的。ローテーションの谷間で「先発・西村」の選択肢が生まれれば、投手陣に厚みが増してくる。(東尾 洋樹)

 ◆西村 天裕(にしむら・たかひろ)1993年(平5)5月6日生まれ、和歌山県出身の26歳。和歌山商から帝京大に進み、首都大学リーグ通算25勝。NTT東日本では17年の都市対抗で優勝を果たした。同年ドラフト2位で日本ハム入団。1メートル77、90キロ。右投げ右打ち。

 ▼日本ハム・金子(7回から3番手で2イニングを無安打無失点)割と球はしっかり投げられた。