新型コロナウイルスの感染拡大で史上初の無観客開催となった大相撲春場所は22日、大阪・エディオンアリーナ大阪で千秋楽が行われた。2敗で並んだ白鵬と鶴竜が、13年九州場所の白鵬―日馬富士戦以来の「横綱千秋楽相星決戦」に臨み、白鵬が鶴竜を下して13勝2敗とし、通算44度目の幕内優勝を飾った。

 自身4度目の横綱同士による相星決戦。白鵬は大一番でここぞの集中力を見せて鶴竜を退けた。異例の無観客開催のあおりを受け懸賞が減るなど、取り巻く環境の厳しさは想定以上だった。だが、状況が難しくなればなるほど勝負師の能力を発揮。野球賭博に揺れた10年名古屋場所、八百長問題で本場所が技量審査場所となった11年夏場所に続き無観客場所も優勝し、第一人者の責任を果たした。

 ここまで4敗の関脇・朝乃山は大関・貴景勝に勝利し11勝目。大関昇進の目安となる三役3場所で計33勝はクリアできなかったが、昇進へ望みをつないだ。勝ち越しを懸けて臨んだ貴景勝は負け越しが決まり、来場所がカド番となる。

 初場所優勝の徳勝龍は玉鷲に押し出しで敗れ4勝11敗で今場所を終えた。