最下位人気のメロディーレーン(牝4=森田、父オルフェーヴル)が中団からじりじり脚を伸ばして、5着に健闘した。岩田望は「斤量差を生かして積極的に乗りました。最後まで脚を使ってくれましたね」と満足げ。

 森田師は「理想的な展開になったけど、勝負どころでゴチャついた。スムーズなら3着はあったと思う。次は相談しながら決めたい」と、具体的なレース名は口にしなかったが、天皇賞・春を視野に入れている。