菅田壱道(91期)が番手から抜け出し優勝。菅田は18年1月の大宮記念以来の3度目のG3制覇となった。

 レースはスタートけん制後に阿竹が出て竹内―久米―阿竹―桜井―菅田―岡村―藤井―南―志村で周回。青板バックから藤井ラインが上昇し赤板で竹内ラインを抑えて先頭に。すかさず桜井が7番手から踏み上げて打鐘で主導権。最終1コーナー4番手から藤井が仕掛けるも、バックで菅田がこれに併せて番手から発進。藤井の動きに乗った南が岡村をさばいて迫るも届かず。単騎の志村は終始南を追走し3着。

 後輩の思いを背負った先輩は強かった。初日特選も同県で高校の後輩でもある桜井と連係したが、内からさばかれて共倒れに。リベンジの舞台となった決勝も桜井が再度積極策。「後ろから見ていて頼もしい先行だった」と言う番手から抜け出して初日のうっぷんを晴らした。「やれることをやって気持ちに応えることだけを考えていた。最後は無我夢中で後ろは分からなかった」とガッツポーズも見せた完勝を振り返った。「11年前は自力で久留米の記念を獲ったけど、今回は後輩の思いもあったし、ひと味違う」。後輩と力を合わせて手にした3つ目の勲章に、先輩は最後まで頬が緩みっ放しだった。