国際オリンピック委員会(IOC)は22日、新型コロナウイルスの感染拡大が世界的な深刻化している状況を受け、7月24日の東京五輪の開幕延期を含めて検討すると発表した。4週間以内に結論を出す方針としている。

 日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は23日、都内で取材に応じ、「延期を含めて検討せざるを得なくなってきていると認識している」と話した。

 現状では年内、1年、2年と様々な延期案が飛び交う。会場の確保、選手選考の方法など、どの案においてもクリアすべき課題は山積しているが、「選手のことを考えると長い延期にならない方がいいと思っている」とした。