スペインリーグ(ラ・リーガ)の中断が無期限で延期されることが決まった。

 スペインリーグは23日、スペイン・サッカー協会との共同声明で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、プロサッカーの公式戦を政府当局が安全と判断するまで中断することで合意したと発表した。

 スペイン1部、2部リーグは12日に少なくとも2週間はリーグ戦を延期すると発表していた。今回の声明では中断に期限は設けられず「スペイン政府と州政府の管轄当局が、健康にリスクをもたらさずに再開できると判断するまで」と説明した。

 スペイン政府は14日に宣言した非常事態を4月11日まで延長する方針を発表。23日午前時点で新型コロナウイルスによる死者は2182人、感染確認者は3万3089人で、ともに世界で3番目となっている。