昨年暮れの阪神カップを圧勝したグランアレグリアは池添との新コンビで参戦。1週前追いに騎乗した鞍上は「牝馬特有のカリカリした気性と聞いていたが、調教ではおとなしかった。ラスト1Fしっかりと脚を伸ばして、反応は良かった」と手応え。藤沢和師は「休み明けで桜花賞を勝ったように気はいい馬。1200メートルは初めてだけど、中京は直線が長いので心配ない」とG1・2勝目の期待を込めた。