◇鈴木康弘「達眼」馬体診断

 アウィルアウェイの馬体をチェックするのは昨年の桜花賞以来1年ぶりです。体つきはさほど変わっていませんが、顔つきが随分大人っぽくなってきました。目力も強くなった。当時、キ甲の後ろに残っていた鞍傷の痕も消えています。毛ヅヤも当時よりずっといい。桜花賞時と同じ肢巻きを着けていなければ、別の馬かと思ったかもしれません。それにしても、2歳夏から息の長い活躍をしている。早咲きで花期が長い河津桜(カワヅザクラ)に例えておきます。