◇鈴木康弘「達眼」馬体診断

 牝馬にしても430キロ台の小さな体は、短距離のG1を戦う上で少し心もとない。腱がしっかり見えていて脚元は丈夫そうですが、目つきが幼い。じゃれるように鼻をとがらせています。花も葉も小ぶりな冬桜(フユザクラ)のイメージです。