新型コロナウイルスの感染が世界的に深刻化し、東京五輪の開催が1年程度の延期となったことを受け、陸上男子100メートルで9秒97の日本記録を持つサニブラウン・ハキーム(21=フロリダ大)がマネジメント会社を通じてコメントを発表した。

 「急きょの決定でビックリしました。アメリカもまだまだ厳しい状況が続いていますが、1日も早く世界中でおさまる事を祈っています。僕自身は2021年に自分の思う形に持っていけるように今やるべき事をやっていくだけです。日本の皆さんも一緒に頑張っていきましょう」。