◇練習試合 阪神9―5DeNA(2020年3月24日 横浜)

 気温1桁台まで落ち込んだ一戦で猛虎の「暖」が“激アツ”アピールに成功した。5回から代走で途中出場した阪神の育成ドラフト1位・小野寺(大商大)が2安打3打点の活躍。支配下登録へ、また一歩前進した。

 「上(1軍)に上げてもらっているので、数少ないチャンスを生かしていきたい。(1打席目は)ああいう形で点が入ったことで、余裕を持って打つことができました」

 最初のアピールは4―5の7回2死一、三塁だった。「打たないといけない」と力んでいた矢先に、陽川の本盗で同点となり肩の力が抜けた。なおも二塁のチャンス。カウント1―2から桜井の高めチェンジアップを右前に弾き返すと、ダイビングキャッチを試みた楠本のグラブからこぼれ落ちた。“1軍初タイムリー”が決勝打になった。

 二度目のアピールは9回。1死二、三塁から斎藤の内角速球を左翼線に引っ張りこみ2点二塁打にしてみせた。1本で終わらなかった事実に価値がある。矢野監督からは「実戦になると落ち着いて見える」と評価され「右バッターは出てきてほしいところではあるので。中身も打球も良かったと思います」と左打者が多い打線におけるキーマン候補の一人に位置づけられた。

 「(開幕が)伸びたことによって1軍に同行できている。運があると思うので、その運を逃さないようにやっていきます」

 育成ドラフト新人が1年目のシーズン開幕前に支配下登録されれば球団では史上初となる。プロ野球全体の危機を好機と捉えて突き進んでいく。「支配下になったら(登録名を)暖にしようかなと考えてます」と、以前に矢野監督から提案された“改名”を本格的に計画中。さらなるアピールで、スコアボードに「暖」の文字を刻んでみせる。(巻木 周平)