日本協会は24日、第100回天皇杯の1〜4回戦までの組み合わせを決定した。新型コロナウイルス感染予防の観点から抽選もウェブ会議で実施。

 またJリーグの公式戦が延期されていることから大会方式も変更した。J1勢は8月19日の4回戦から、J2勢は昨季10位まで(松本、磐田含む)が7月8日の3回戦から登場。前回覇者の神戸はJ2水戸、J2群馬の入ったブロックの勝者と激突。鳥栖―横浜FC、湘南―柏はいきなりJ1同士の対戦となった。