東京都の小池百合子知事は、東京五輪を1年程度延期するIOCとの合意について「ゴールが具体的になった」と評価し「都として次の目標に向かって準備を進めていきたい」と述べた。

 安倍首相や組織委の森会長と共にIOCのバッハ会長との電話会談に参加。大会名称が「東京2020」のまま維持される見通しになった安倍首相とバッハ会長のやりとりを紹介した。今後は施設維持費などの追加費用も見込まれ「延期で何がどうなるのかを精査しなければならない」と述べた。