◇JABA東京都企業春季大会 1回戦 NTT東日本12―1日本ウェルネススポーツ大学東京(2020年3月25日 JR東日本柏グラウンド)

 新型コロナウイルス感染防止のため、無観客試合で開幕した。

 企業チームにとっては今季初の公式戦。NTT東日本のルーキーで最速153キロの右腕・稲毛田渉投手(22、仙台大)が先発し、5回14奪三振の快投を見せた。フォーク、チェンジアップを制球良く決め、初回2死から4回1死まで7者連続三振と圧倒。5回1死からソロを浴びて惜しくも1失点を喫したが十分な内容だった。

 「まだフォームなども見直しているところで段階を少しずつ上がっている状態。結果的に三振がとれたことは良かった」。仙台大時代も注目され、プロ志望届を提出したが指名漏れ。社会人屈指の名門に進み「今は毎日が勉強。これからの土台をしっかり作っていきたい」と力を込めた。