Jリーグは当初目指していた4月3日のリーグ再開を断念。J1リーグは新たに5月9日の再開を目指すことで基本合意した。G大阪は開催されれば、10日にホームで鹿島と対戦。元日本代表DF昌子源にとっては古巣戦でJ復帰戦となる。

 「え、そんなことある?鹿島、鹿島かぁ」。思わず昌子も苦笑いだ。今季フランス1部トゥールーズから完全移籍で加入したが、痛めていた右足首のリハビリでリーグ開幕・横浜戦(2月23日)は欠場。“次戦”がG大阪デビュー予定となっていたが、まさかの古巣戦が濃厚となった。

 ただ鹿島時代から「鹿島と対戦してみたかった」とニヤリ。その理由は代表合宿中に他クラブ選手から「鹿島は強い」と言われても「なんで強いのか説明できなかった」から。「本当はタイトルが掛かった試合とかの方が鹿島の強さを体感できるんだろうけど、楽しみです」と腕ぶした。

 すでに3月21日の練習試合ではフル出場。1カ月以上延びたことで、さらに連係とコンディションを上がる。「ガンバの選手なんで、ガンバのためにプレーしますよ」。当然、負けるつもりはない。パナスタ無敗の鹿島に初黒星を付け、華々しく「G大阪の昌子」をアピールする。