阪神ドラフト3位・及川雅貴投手(18=横浜)が25日、鳴尾浜球場でプロ入り後初めてシート打撃に登板。同2位・井上や同・4位遠藤らと10打席対戦し安打性2本、3三振を奪う投球を見せた。

 打者の後ろで計測していたトラックマンを見ていた球団関係者曰く、145キロは出ていたという直球を主体に、スライダー、カーブ、チェンジアップも投げた。既にプロで4本の本塁打を放っている井上からはストレートで空振り三振を奪うなど力強い投球を披露した。「楽しかったです。ストレートはまとまりはなかったんですけど、指にかかったボールは投げられたのかなと思います」と及川。安藤2軍育成コーチも「真っすぐはやっぱり力あるよね」と評価した。