日本水連は25日に都内で臨時常務理事会を開き、東京五輪代表選考会を兼ねた4月の競泳の日本選手権(2〜7日、東京アクアティクスセンター)を開催する方針を固めた。東京五輪の1年程度の延期が決まったが、当初の基準通りの代表選考を実施。基本的には追加の選考会は開催しない。新型コロナウイルス感染拡大のリスクを負って、1年半後の五輪の代表を決める異例の大会となる。開幕までに政府から非常事態宣言が出るなど更に緊迫した状況に陥れば、開催を断念する可能性も残す。

 理事会後に取材に応じた坂元専務理事は「選手たちはこの選考会にピークを持って来ている。選手、指導者から開いてほしいという要望があった。特にトップ選手から強い要望があった」と、現場の意見を尊重したことを強調。代表内定から本番まで期間が空くことについては「(各選手を指導する)コーチたちを信じています」と語った。

 日本水連の定める派遣標準記録を突破して2位以内に入ることが五輪出場権獲得の条件。男子の200メートル、400メートル個人メドレーは昨夏の世界選手権で優勝した瀬戸の出場が既に内定しており残り1枠のため、瀬戸を除く最上位の選手が出場権を得る。