野原は地元の福井で唯一の参加となる。「何人かいてくれれば良かったですが」と話すが、表情は静かな闘志に満ちていた。2月玉野F1Vと調子は上向きに。2場所前の別府F1の準決勝で落車。前回は欠場したが「ケガは擦過傷ですが、落車は慣れていますから…。ここへ向けて一生懸命練習してきました」と体調面での不安はない。初日予選6Rはコマ切れ戦になったが自力でリードは明らか。後ろの稲川、伊代野のガードも心強い。「しっかりと勝ち上がっていけるように」と気を引き締める。地元で気迫の激走だ。