巨人・原監督は東京五輪の延期が決まったことについて「残念だけど、致し方がない」と話し、自身が東京で務める予定だった聖火ランナーについては「全体からすると小さな個人の話」とした。

 また、同じく神奈川で聖火ランナーに決まっていたDeNA・ラミレス監督は「こういう状況なので理解している。もう一度、同じメンバーとなれば光栄でうれしいことだが、どんな決断も尊重したい」と語った。