◇東京五輪延期 21年開催へ

 楽天の則本昂は延期決定を前向きに受け止めた。「来年の方がリスクも少ないと思う。また選ばれるように頑張りたい」と改めて意欲を示した。

 延期になったことで、再び大舞台に向けた調整を求められる。今年12月で30歳になり「年齢的に1年後となると身体的な向上は難しいし、心配もある。若い選手も出てくるわけで」と本音も。一方で「五輪期間中はシーズンが中断することになっていたけど、開幕が遅れた分は、その期間に試合ができる可能性もある。そういう意味ではプラスになる」との考えを示した。

 ▼楽天・浅村 野球界だけの問題じゃない。目標にしていたので残念な気持ちは強いけど、仕方がない。なくなるわけじゃなので、アピールしていきたい。

 ▼楽天・松井 世界中で(感染拡大が)深刻になっている中での判断。しょうがないと思う。もちろん今後も五輪出場を目指す。

 ▼楽天・森原 安全や健康が第一なので。時間があるので準備やパワーアップもできる。プラスに捉えて、今後も目指していく。